基礎からしっかり学ぶ英語のスピーキング

日本人が英語で一番手こずるのがスピーキングです。
日本の英語教育がスピーキングにまったく力を入れていない上に、日本で教育される英文や英文法は日常英会話からかなりかけ離れているからです。
文法上では正しくても、会話で使うととても不自然な文になる、という例文が教科書でも普通に使われています。

また、スピーキングでは、発音がとても重要です。
カタカナ英語なんて通じないどころか、話しになりません。日本国内にいる外国人にはカタカナ英語に慣れていて通じるかもしれませんが、 一歩外の世界に出て、日本人のカタカナ英語に慣れていない外国人を相手に喋っても、 残念ながら全く通じません。

英会話の基本:初心者がまず始めにマスターするべきスピーキング

日本人がスピーキングについて一番勘違いしているのが、文法をマスターすれば喋れるようになるという事です。 文法をやり込んで学校のテストでいい点を取っているような人が、実戦になると時制、複数形といった基本的な所でさえめちゃくちゃな喋り方をしています。

『喋る』という訓練をしていないため、実際に喋る時にすんなり英文が出て来ないからです。
また、日常英会話に頻出する英文を覚えていないため、とても不自然な文章になってしまい、相手に通じないという状態になってしまいます。
その上にカタカナ発音だったらお手上げです。

スピーキングを習得する為に:教材 VS 教室

スピーキングの基礎を学ぶには、実際に会話で使われる英文を覚え込み、それを実際に使ってみるという環境が必要になってきます。

英会話教室で時間とお金をかけて英文を覚えて行くのもいいですが、 自分で文章を覚え込むという部分はお金をかけなくても自分で覚え込んで行く事ができます。
ただし、それを実際のどういう場面で使うか、という応用の部分は、ネイティブと一対一で喋るか、教材を使ってそういうシチュエーションを学んで行く必要があります。
教材を使って自分で練習する方が金銭的には安くつくので、個人的には教材をおススメします。

ただし、ただ教材を買って満足してしまう人もいるので、そういう人は英会話教室に通いましょう。

おススメのスピーキングの教材

トラベル英会話完全マスター法
『話す英語』のリハーサル 
30日間英語脳育成プログラム
言語学博士の英語上達理論
スピーキング教材 スピーキング教材

英会話の基本:初心者がまず始めにマスターするべき発音

発音の重要性にまだ納得出来ない、という方はこちらの発音のページからどうぞ。

おススメの発音の教材

ネイティブの音に合わせて発音し、自分の発音を録音して聞く事でどれ位自分の発音がネイティブに近づいているかを確認しながら練習出来る 教材もあります。「聞き流してスラスラ英会話を覚える」など都合のいいうたい文句で売っている教材より、 初心者はまず発音の基礎をじっくり学べる教材を選んで下さい。

英語の発音とリスニングUDA式
30音トレーニングプログラム
スコットペリーの発音大学
日本人の為に開発したプログラム
発音教材 発音教材